成長市場で安定収益 介護・福祉フランチャイズNAVI

伸び盛りの介護・福祉市場
今注目すべきフランチャイズ
3業種を徹底解説!

高齢化社会の到来により、2040年の介護保険の市場規模はなんと約26兆円(※1)。他方で、障がい福祉サービスの利用者数も年々増加傾向にあるようです(※2)。
それだけ市場が伸びているということは、介護・福祉系のフランチャイズにも同様の伸びしろが見込めるということ。
ここでは、介護・福祉業界のフランチャイズを約60社調査(2021年9月時点)。その中でも今、特に注目されているおすすめの業種を3つ紹介します。

※1 参照元:厚生労働省_第28回社会保障審議会【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000474989.pdf)
※2 参照元:厚生労働省_第106回社会保障審議会障害者部会【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000763127.pdf)

おすすめ介護・福祉系
フランチャイズ3選とそのメリット

TYPES

フランチャイズ開業や独立開業情報の総合ポータルサイト「アントレ」「フランチャイズ加盟.net」「フランチャイズの窓口」「マイナビ独立」の4サイトに掲載されている「介護・福祉系フランチャイズ」の業種をすべて調査(2021年9月時点)。
4サイトでの掲載数が多い3つの業種をピックアップしました。

※3業種それぞれの掲載数は次の通りです。訪問マッサージ:9件、デイサービス:7件、放課後等デイサービス:7件(いずれも2021年9月時点)
デイサービス

デイサービス

メリット
  • 利用者数 約220万人という
    市場の大きさ(2019年時点)
  • ここ10年で利用者は約1.4倍に
  • 高齢者増加により、
    まだまだ市場は
    成長する
こんな方に
オススメ
  • 長期間、堅実に利益を
    出し続けたい方

デイサービスの
市場をチェック


デイサービスの
おすすめフランチャイズ
3選をチェック

放課後等デイサービス

放課後等
デイサービス

メリット
  • 2012年に始まった新しい市場
    のため競合数が比較的少ない
  • ここ5年で利用者は約2.6倍に
  • 障がいのある子どもを支える
    社会的意義の高さ
こんな方に
オススメ
  • 子どもの自立支援といった、
    社会貢献を重視する方

放課後等デイサービスの
市場をチェック


放課後等デイサービスの
おすすめフランチャイズ
3選をチェック

訪問マッサージ

訪問マッサージ

メリット
  • 一人でも開業できるため
    初期投資を抑制できる
  • 伸びている高齢者市場で
    比較的低リスクに開業可能
  • 立地に左右されづらい
こんな方に
オススメ
  • 初期投資を抑えながら、
    低リスクに開業したい方

訪問マッサージの
市場をチェック


訪問マッサージの
おすすめフランチャイズ
3選をチェック

参照元:厚生労働省_介護分野をめぐる状況について【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000608284.pdf)
参照元:厚生労働省_放課後等デイサービスに係る報酬・基準について≪論点等≫【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000678627.pdf)

3つの介護・福祉事業を
詳しく紹介

RECOMMENDED

高齢者は今後も
増え続けるため、
市場はまだまだ伸びる

デイサービス

デイサービス

どんな業態?

デイサービスとは、介護が必要な高齢者を対象にした日帰りの介護サービスです。
1日3~8時間程度、食事や入浴のケア、身体機能や認知機能の改善に向けたトレーニングなどを実施。
利用者が自立して日常生活を送れるよう、サポートします。

目安の初期投資額
2,071万円

※目安の初期投資額は上記4サイトに掲載されていた金額の平均値です。
計算式:(700万+2,800万+1,730万+4,300万+835.2万+2,700万+1,430万)/7=2070.7万(千の位で四捨五入)

デイサービスのおすすめ
フランチャイズ3選を見る

加盟のメリット

2019年の利用者数は約220万人。2010年~2019年で利用者数は約1.4倍増と、着実に成長しています。
高齢者の増加により、今後も顧客数は伸び続けていくと予測されているため、長期的な安定した利益が期待できます

参照元:厚生労働省_介護分野をめぐる状況について【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000608284.pdf)

加盟の注意点

市場に伸びはあるものの、他の介護・福祉事業の開業資金と比べると、初期費用が高いのがネック。 しかしその分、参入障壁があるとも考えられます。この市場で固定客を獲得できれば、初期投資の高さをカバーできるだけの売り上げが期待できるでしょう。

こんな人にオススメ

長期間、堅実に
利益を出し続けたい方

デイサービスのおすすめ
フランチャイズ3選を見る

2012年から始まった
新しい市場、
ここ5年で参入者続々

放課後等
デイサービス

放課後等デイサービス

どんな業態?

放課後等デイサービスとは、障がいのある子どもたちが放課後や長期休暇の際に利用できる福祉サービスです。
利用対象者は、6歳~18歳までの就学児童。さまざまな訓練や創作活動などを通して、日々の生活力向上や集団生活への適応を目指します。

目安の初期投資額
1,092万円

※目安の初期投資額は上記4サイトに掲載されていた金額の平均値です。
計算式:(1,270万+850万+1,707.9万+1,363.1万+670万+700万+1,080万)/7=1,091.5万(千の位で四捨五入)

放課後等デイサービスの
おすすめフランチャイズ
3選を見る

加盟のメリット

児童福祉法の改正によって、2012年に創設された放課後デイサービス。2019年の利用者数は約23万人で、2014年からの5年間で施設の利用者数は約2.6倍まで増加しています。また、障がいのある子どもやその家族を支えるといった、非常に社会的意義の高い業種でもあります。

参照元:厚生労働省_児童福祉法の一部改正の概要について【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/setdumeikai_0113_04.pdf)
参照元:厚生労働省_放課後等デイサービスに係る報酬・基準について≪論点等≫【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000678627.pdf)

加盟の注意点

子どもを対象にした事業のため、少子化の影響は必至。どうしても長期的な目で見ると、顧客数の減少が見込まれます。
また、2012年に始まった市場のため、業界に蓄積されたノウハウの少なさに、やや懸念があります。しかし、自社内にノウハウを蓄積していくことができれば、事業拡大の一助になるでしょう。

こんな人にオススメ

障がいのある子どもの
自立支援による、
社会貢献を重視する方

放課後等デイサービスの
おすすめフランチャイズ
3選を見る

個人で開業してゆっくり稼げる

訪問マッサージ

訪問マッサージ

どんな業態?

訪問マッサージとは、国家資格を持った施術士が高齢者の自宅などに出向いて、マッサージを行うサービス。
寝たきりの方や歩行困難により通院できない方を対象に、筋力の維持・向上、関節の動きや痛みの改善などを目指します。

目安の初期投資額
245万円

※目安の初期投資額は上記4サイトに掲載されていた金額の平均値です。
計算式:(38万+220万+59万+113万+120万+423万+320万+38.5万+529万)/9=244.7万(千の位で四捨五入)

訪問マッサージの
おすすめ
フランチャイズ3選を見る

加盟のメリット

事務所さえ用意してしまえば、特定の店舗を持つ必要もなく、初期投資を抑えられることがメリット
また、施設や患者の家に訪問する形態のため、立地に左右されにくいのも嬉しいポイントです。

加盟の注意点

保険適用のため、どの店も価格は固定。価格競争が起こらないので、顧客を獲得するためには、サービスの差別化が求められます
また初期投資が少ない分、参入障壁が低く、競合店が現れやすいというのも注意点ですが、しっかり差別化さえできていれば、競合他社に負けることなく、経営していけるでしょう。

こんな人にオススメ

初期投資を抑えながら、
低リスクに開業したい方

訪問マッサージの
おすすめ
フランチャイズ3選を見る

介護・福祉系のフランチャイズに加盟して開業するためには、さまざまなスキルが必要です。 そこでここでは、業界未経験で介護・福祉系のフランチャイズ加盟を検討中の方に、ぜひ知っておいてほしい内容をまとめました。

同じ介護・福祉系のフランチャイズに加盟したとしても、成功するオーナーもいれば、失敗するオーナーも出てきます。ここでは、それぞれの特徴を紹介しています。

ここでは、介護・福祉系フランチャイズと、そのほかの業種のフランチャイズを比較。特徴やメリットを解説していますので、業種選びの参考になさってください。

初めてフランチャイズに加盟する場合、やはり気になるのは開業までの流れ。ここでは、予算規模の決定から収益シミュレーション、本部との契約など開業までに必要な項目を紹介しています。

同じ業種でも、FC本部は千差万別。どれが自分に合った本部なのか、どれが信頼できる本部なのかと、お悩みでしょう。 ここでは、FC本部を選ぶ際の3つのポイントを紹介。ぜひ本部選びの参考になさってください。

フランチャイズに加盟する上で一番重要なのは、やはり収益面でしょう。ここでは介護・福祉系フランチャイズで利益を伸ばすポイントを紹介しています。

介護・福祉系のフランチャイズに加盟するにあたって、一体どんな人が向いているのでしょうか。ここでは、介護・福祉系で起業するにあたって必要なスキルや向いている人の特徴を解説します。

今の事業の先行きが不安なら、介護・福祉系のフランチャイズに業態転換をしてみるのはいかがですか?ここでは介護・福祉系への業態転換に向いている業種や補助金の情報を紹介しています。

介護・福祉系フランチャイズに重要なのは、人材の採用とマネジメント力。介護・福祉系の事業は、労働集約型ビジネスのため、従業員がその施設のクオリティを大きく左右するのです。

フランチャイズ事業では、加盟金やロイヤリティを支払う分、加盟店側が、期待するサポートを得られないと感じる場合や、他の加盟店で起きたトラブルの風評被害に遭ってしまうといったことが考えられます。

フランチャイズで開業する場合の主な特徴として、FC本部からのサポートが受けられるメリットと、その反面、本部へのロイヤリティや加盟金の発生といったデメリットが挙げられます。フランチャイズでの開業を選択肢として検討される場合、そういった両面を知ることが必要でしょう。さまざまなフランチャイズ企業の、加盟金やロイヤリティ、システムの情報収集をするとともに、比較検討をしましょう。

介護事業所を開業する場合、介護事業者の指定を受ける必要があります。ただ、指定を受けるには個人ではなく法人である必要があるので、法人を設立することになります。法人には、株式会社などの営利法人と、一般社団法人をはじめとする非営利法人とがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

介護事業を開業する際、資格を何も取得していないと、後々不便を感じることもあるかもしれません。なぜなら、介護事業に関連する資格はいくつもあるからです。主な資格には介護福祉事業の経営やマネジメントができる介護福祉経営士や、福祉施設以外にも活躍の場が広がる社会福祉士、利用者やその家族が自立した生活を送れるように支援するケアマネジャーなどがあります。

介護・福祉系フランチャイズ徹底比較

介護・福祉系のフランチャイズと一口に言っても、その業態は様々。 ここでは、デイサービス・訪問介護・グループホーム・訪問マッサージ・高齢者配食サービス・就労支援事業所・放課後等デイサービス・児童発達支援の8つを比較しました。 どれも社会的意義がある事業ですが、利用対象者や仕事内容、フランチャイズ事情が異なるため、加盟前によく確認しましょう。

介護・福祉系の
フランチャイズを
比較してみた

コロナ禍で事業の継続が難しくなった企業は、成長市場である、介護・福祉系フランチャイズへの業態転換がおすすめ。 人材をある程度確保できている業界だと、スムーズに介護・福祉系へ業態転換できるでしょう。

居酒屋からの業態転換

居酒屋からの
業態転換

飲食店の中でも居酒屋は、特にコロナ禍で大きな打撃を受けている業界です。介護・福祉業界は超高齢化社会に伴い、今後も需要が右肩上がりになる見通しのため、業態転換をして経営悪化を回避するという手もあります。

建設会社からの業態転換

建設会社からの
業態転換

これまで好調な動きを見せていた建設業界。しかし、コロナ禍の影響により苦しい状況を強いられている企業も少なくありません。新規事業として介護・福祉系に乗り出すのも一つの方法ですが、経営ノウハウを持っているフランチャイズに加盟し、業態転換するという方法もあります。

アパレル系からの業態転換

アパレル系からの
業態転換

コロナ禍で人々の動きが制限されたことで、2019年と比べて2020年は繊維製品・服飾品の売上が減少傾向にあります。インバウンド回復がいつ頃になるかが不透明なため、接客業経験を活かしてアパレル系から、介護・福祉系に業態転換を検討するのも一つの選択肢だといえるでしょう。

コンビニからの業態転換

コンビニからの
業態転換

コンビニ業界は競争が激化しており、経営の在り方が著しく変化しています。多種多様なサービスを取り入れなければならない上に、労働人口の減少が重なって、人的コストが増加の一途をたどっています。経営悪化の傾向があるなら、介護・福祉系に業態転換するのも手です。

買取ビジネスからの業態転換

買取ビジネスからの
業態転換

買取ビジネスは、個人間でのやり取りが増えたため、実店舗まで足を運ぶ顧客が少なくなっています。利用客数に応じて売上金額が変わる買取ビジネスとは異なり、介護・福祉系は保険者から利用料の大分部分が支払われます。安定した収益を得るために、介護・福祉系に業態転換するのも一つの方法だといえます。

塾からの業態転換

塾からの業態転換

コロナ禍で対面式の授業ではなく、オンラインの授業を選択する家庭が増えています。 利用者の確保にお悩みの場合は、介護・福祉系のフランチャイズに業態転換するのも良いでしょう。 学習塾で子どもを相手にしているなら、同じく子どもを相手にする福祉系の事業を開業すると、今お持ちのノウハウを活かすことができます。

リハビリ型のデイサービスは、身体機能を向上させるトレーニングを中心的に行いますが、それでは身体の痛みを楽にできるわけではありません。 厚生労働省が今、注目しているのは、きちんと“結果を出せる”介護サービス。 ここでは、整骨院運営のノウハウを活かし、利用者の「痛みを緩和させる」ことに注力し、多くの“結果”を出しているデイサービスを紹介。 介護・福祉事業での、フランチャイズ加盟を検討中の方は、ぜひご覧ください。

リハビリ型は時代遅れ?
これが新時代の
デイサービスフランチャイズだ

樹楽は、年中無休の24時間営業を行っているデイサービスです。効率的に稼働できるため、営業次第でより高い収益を生み出すことが可能。 初期投資額が700万円と少なく、各種申請や行政対応もフォローしてくれるので、初心者でも参入しやすいでしょう。

個室完備型デイサービス樹楽は、名前の通り、個室を完備したデイサービス。 加盟後は直営施設で実務を経験できるなど、開業後のフォローも充実しています。

コンパスウォークは、心身機能の維持や改善をサポートするデイサービスです。 フランチャイズに加盟すると、商圏分析から申請書類の作成までサポートをしてくれます。 また、開業から半年経過するまでは、電話やZoomを使って定期的にフォローしてくれるので安心です。

株式会社JC-Groupは、24時間365日対応のデイサービス。 夜間も見てもらいたいというニーズに応え、始まりました。 一軒家の賃貸という形態で、初期投資を抑えられるのがうれしいポイント。

地域密着型通所介護「だんらんの家」は、定員10名の小規模デイサービスです。 利用者2.5人に対し、1名の職員を配置することで、きめ細かなサービスを提供。 フランチャイズに加盟すると、毎月2日間の人材育成研修を行ってくれるので、スタッフ研修も安心して任せられます。

nagomiは、3時間の運動プログラムを提供しているリハビリデイサービスです。 一部ロイヤリティを免除した「ライセンス契約」にも対応しており、初期投資の早期回収に期待できます。 加盟後は、制度改定情報についてもフォローしてくれるため、未経験者でも安心。

IADL訓練型デイサービス「ブリッジライフ」は、利用者が社会参加できるように、一人ひとりの状態に合わせて支援を行っているデイサービス。 また、「退院支援型デイサービス」も行っているので、利用者の確保に期待ができます。

ブルーミングケアは新築物件、かつ個室完備のワンランク上のサービスを提供するデイサービス。 満足度が高いサービスで、リピーターを獲得しやすいでしょう。また、開業時に用意する新築物件はサブリース契約も可能。初期投資を抑えることができます。

アトラグループ株式会社のほねつぎデイサービスは、「痛みの緩和」に特化したデイサービス。 整骨院でのノウハウをもとにした、この独自性の高いサービスにより、他社と差別化を図ることが可能。 開業時には、事業成功に向けての手厚いフォローがあるため、安心して事業をスタートさせられます。

リハプライドは、リハビリ専門機器とプログラムを活用しているリハビリ型デイサービスです。 75歳未満の前期高齢者・男性の利用者が多く、今後も一定のニーズが期待できます。 また、開業前から運営時までサポートがあるので、専門的な知識がなくても心配ありません。

ルネサンスは、スポーツクラブを運営した経験をもとに、リハビリ特化型デイサービスを展開しています。 加盟後の研修にも力を入れており、運動指導などを直接受けることが可能。開業2カ月前には6日間の研修もあるため、業界未経験者でも安心です。

レコードブックは、軽度要介護者のリハビリ型デイサービスです。 全国149店舗(2020年12月時点)を展開している実績を活かし、開業前から開業後までをしっかりフォロー。 介護ビジネス未経験者でも、安心して開業できます。

レッツ倶楽部は、半日型のリハビリ特化型デイサービスです。 全くの未経験でも安心して開業できるよう、開業前からオーナーをしっかりとサポート。 早期の黒字化も目指していけます。

GENKI NEXTは、歩行訓練と独自の介護整体を組み合わせたパーソナルケアで利用者様の自立をサポートするデイサービス。フランチャイズ加盟後は、介護施設を長年している経験を生かした経営サポートから開業の物件探しまで一貫したサポートをしてくれます。

夢のみずうみ村は、利用者様が楽しみながら本来持っていた能力を引き出すためのリハビリを提供するデイサービスを展開。従来と視点を変えた運営を武器に、開設から運営が軌道にのる6ヶ月を目安にフランチャイズ指導が続きます。

やわらは、医師や大学教授のエビデンスに基づいた機能訓練やボディケアを展開し、それをフランチャイズプログラムでも研修などで身に着けられるデイサービスが魅力です。少ない初期投資から介護知識ゼロでも開業をサポートしてくれます。

澁谷メディカルホールディングスは、低資本から開業でき月間30%以上の安定した収益が望める開業メソッドが売り。物件探しから運営支援まで、土地勘があるスタッフがフルサポートしてくれます。

野ばらは、デイサービスのフランチャイズを展開していて、本社直営のデイサービスに蓄積されたノウハウを受けながら開業準備や運営を始められます。開業後6か月以内の黒字化を目指しているのが特徴で、早期の黒字化を求めている方にも検討しやすいサービスです。。また、デイサービスのスタッフに対する研修やオーナー向けの管理者研修など、サービス品質に関しても強みがあります。

短時間入浴介助に特化したサービスで、温泉旅館のような夢空間を提供しているデイサービスフランチャイズです。ニーズが高いのに参入障壁が高いため、安定経営が期待できます。自信があるから、買戻し特約付きの契約です。

古民家を改修し、自宅のようにくつろげる空間と時間を提供するデイサービスフランチャイズです。一日の利用者数は10名以内。基準より多い人員配置で、落ち着いたサービス提供ができます。開業資金負担が少ない点も魅力です。

地域密着型の小規模施設で自立支援プログラムを提供します。厚生労働省などにも評価される独自プログラムで社会的な自立もサポート。小規模だから経営も効率的です。運営顧問がしっかりサポートしてくれます。

歩行支援ロボットなどを導入した本格的なリハビリプログラムを提供しているデイサービスフランチャイズです。有料老人ホームやグループホームなどの運営実績がある運営会社が、業界の将来も考慮しながらサポートしてくれます。

いでしたは、多くの直営店を持つ実績も経験豊富な介護デイサービスのフランチャイズ企業。介護サービスの特徴は、疾患別に機能訓練を行う疾患別機能訓練です。FC加盟店オーナー向けには、実績を活かした手厚い開業サポートを提供しています。

ありがとうの花のフランチャイズは、複数の顧客と契約を結ぶのが特徴的。理学療法士の体操や機能訓練を本部が考案し、利用者が楽しめるよう配慮しています。調理実習や映画鑑賞といったレクリエーション企画が盛んなのも特徴の一つ。営業利益を高めるために脱退しないストック型を採用しているデイサービスです。

10~20人程度を定員に設定し、小規模で地域密着型の共生型デイサービスが特徴的なデイテラス。デイテラスは高齢者6割、障害者4割の割合でデイサービスを行っています。デイテラスで新規に加盟するオーナーの約半数は介護や障害施設の運営経験がありません。運営支援が充実しているのが強みであり、オープン前の研修や指導員のドバイスなど、フォロー体制が整っています。

ポシブルは、JR西日本グループのリハビリ特化型デイサービスです。20年以上培ったノウハウを、FC(フランチャイズ)加盟のパートナーに提供するとともに、JR西日本グループとして、事業をサポートする提案などの様々な経営支援をおこなっています。

ゆりの木は、独自のプログラム化した手技療法による機能訓練「癒しのリハビリ」を、ひとりひとりの状態に合わせておこなっています。FC事業では、100店舗の直営店で築き上げたノウハウの提供で、安定した経営ができ、未経験の方でも開業が可能です。

株式会社フロンティアの訪問介護本舗は、24時間365日対応の訪問介護事業です。初期投資が少な目に設定されているため、異業種からの参入もしやすい仕組み。 開業開始から3日間はスーパーバイザーが常駐し、運営に向けてアドバイスをもらえるので安心です。

ユースタイルラボラトリー株式会社の土屋訪問介護事業所は、高齢者と障がい者が利用できる、ハイブリッド型訪問介護事業。 開業後はスーパーバイザーが定期訪問してくれるので、実務で不安なことがあれば、すぐに相談できます。

Centralsoftlabelは、身体介護・生活援助を長年行ってきた企業が運営する訪問介護事業。介護事業に関するノウハウを豊富に持っており、 基礎知識から専門知識まで提供してくれるので、業界未経験者でも安心です。

樹楽・にじむすびは、介護が必要な方と、障がいのある方のどちらも受け入れ可能な訪問介護サービスです。 フランチャイズ本部は、デイサービス・放課後等デイサービス・高齢者向け住宅と、様々な介護系事業を展開。 そのノウハウを活かし、開業に必要な技術や知識を提供してくれるので、安心して開業に踏み切れます。

アイネットアイは、訪問介護サービスを含めた、複数の施設が連携を図る、「地域包括ケアシステム」を採用。 様々な介護施設と連携を図ってきたノウハウをもとに、フランチャイズ加盟後もしっかりとバックアップしてくれます。

まごのてグループは、身体介護をメインとした訪問介護サービスを展開。 重度訪問介護サービスも提供しているため、幅広い層からのニーズを拾うことができます。 また、加盟金が発生せず、ロイヤリティも年次減額されていくため、加盟後の負担を軽減できるのも嬉しいポイント。

ポスモプラザ株式会社のあいわ介護グループは、居宅介護支援事業と訪問介護事業を軸にしたフランチャイズを展開しています。開業資金100万円台で抑えられる点や未経験者でも研修やサポートを通じて介護事業について基礎から準備できる点が、主なメリットおよび特徴の1つです。

株式会社やさしい手のやさしい手は、訪問介護事業を軸にした介護事業を展開しています。フランチャイズ加盟の際は、やさしい手のスーパーバイザーより長年の経験から培われた経営に関する指導を受けられますし、事業規模に応じた経営課題や悩みに応えてくれるのも大きな特徴です。

全国各地で訪問介護事業のフランチャイズに関する説明会を実施しているケア24は、少額資金での開業を実現しているのが強みです。加盟金は 19.8万円(税込)、ロイヤリティ0円という少額の負担で開業準備のサポートを受けられます。また、開業後は、専任担当者による事務処理代行や経営に関するアドバイスを受けることが可能です。

カーチェンジA1株式会社のオレンジは、訪問看護事業に関するフランチャイズを展開しています。理学療法士や作業療法士などを雇用し、食事介助だけでなくリハビリや医療処置といったサービスを提供していくのが、訪問看護事業の特徴です。より幅広い領域に対応できるのが検討メリットの1つです。

株式会社3eeeが運営するイグルーは、自立訓練に対応したグループホーム事業です。 支援付きのシェアハウスでは、ICTクラウドやAIを活用した業務効率化を推進。 フランチャイズ加盟後は、エリア・規模・屋号はオーナーが設定することも可能です。

株式会社ランバードが運営するOWLグループホームは、軽度・中度の障がい者を対象としたグループホーム事業です。 サポートを手厚くするために、毎月5社に限定して、パートナーシップを募集。開業から運営後まで、継続的なフォローも受けられます。

株式会社健生が運営するKensei共生.netは、無資格・未経験者のためのグループホームの開業プログラムを提供。 スマート方式を採用したフランチャイズのため、保証金・ロイヤリティが発生しません。

日本障害福祉グループでは、障がい福祉のビジネスに携わってきた経験を活かし、グループホーム事業を展開。 これまでのノウハウや経験があるため、複数事業の展開もサポートしてくれます。

日の出医療福祉グループが運営するゆとり庵は、要介護者の小規模多機能型居宅介護事業を展開。 看護小規模多機能型居宅介護事業のフランチャイズ加盟店も募集しているため、商圏の動向に合わせて進出する事業を決められます。

株式会社フラクタルが運営するらくてぃは、初期投資を抑えながら開業できるグループホームです。 運営する企業は、空き家再生事業も行っているため、物件取得費の削減が可能。 グループホーム3棟が軌道に乗るまでは、手厚い運営サポートを受けられるので業界未経験者でも安心です。

株式会社アニスピホールディングスが運営する「わおん」は、ペット共生型のグループホームを展開しています。 犬や猫の殺処分数を減らしたい、という目的も掲げており、ペットと障がい者が一緒に共生する場所を提供。アニマルセラピーの効果も期待できるため、一定数の需要が期待できるでしょう。

利用者が自立する未来を見据えた支援を心がけているGOOD HOME。GOOD HOMEは就労支援サービスと障害者グループホームの2つの視点から、社会貢献度の高い事業を展開しています。働く場所と住む場所の双方の運営を手掛けているのがフランチャイズの特徴です。

Hiハウスはクラウド化で連携した生活介護を提供しています。Hiハウスは完全個室の共同住宅であり、生活支援員や世話人など専門のスタッフが様々な場面に付き添いで対応。看護師や医師も在籍しており、健康状態に異常が生じた際に備えて迅速に対応できる環境を整えています。Hiハウスのフランチャイズの強みは医療体制が24時間整っていることと、公費収入が売上に含まれていることです。訪問歯科や訪問診療に対応できる施設を探しているオーナー様はもちろん、国と自治体からサポートを受けたいオーナー様にも向いています。

プラムはノーマライゼーションに根差した考えのもと、地域でできる範囲の自立した生活を最終的な目標に据えています。障害特性を適切に把握し、必要なことは何か検討。得意とすることを主軸に活動内容を考えていきます。事業所が提案している支援に権利擁護の視点が含まれているのが特徴的です。

からだ元気治療院は、高齢者・身体障がい者の自宅を訪問してマッサージを行う事業を展開しています。 マッサージのほか、リハビリ・機能訓練・はり・お灸といったサービスも提供。 直営店を経営しているノウハウをもとに、開業前の研修を実施してくれるため、未経験者でも安心して加盟できます。

HITOWAライフパートナーが運営するKEiROWでは、訪問医療マッサージを提供しています。 フランチャイズ展開を20年以上(2021年9月調査時点)続けてきた実績やデータをもとに、加盟者をバックアップ。複数店舗の展開も期待できます。

健康マッサージ治療院サポートデスクは、フランチャイズ加盟後のロイヤリティのパーセンテージが固定の訪問マッサージ事業。 解約金も発生しないため、安心して参入できます。

スキップ訪問マッサージは、医療訪問マッサージを提供しています。事務作業はすべてフランチャイズ本部に任せられるため、オーナーは運営に専念することが可能。 営業のノウハウも提供してくれるので、開業資金の早期回収にも期待が持てるでしょう。

日本訪問マッサージ協会は、地域密着型の訪問マッサージ事業を展開しています。 加盟金・ロイヤリティが必要ないため、少ない投資で始めることが可能。 また、契約期間も6カ月または12ヶ月と短いため、参入しやすい傾向にあります。

フレアス在宅マッサージは、独自の教育システムが整っている在宅マッサージ事業。 フランチャイズ本部から事務作業のサポート支援が受けられるほか、近隣の直営店からもしっかりバックアップしてもらえます。

まごころ治療院は、レセプト申請を本部が行ってくれる訪問マッサージ事業。 フランチャイズに加盟する場合は、加盟金の分割払いや、保険金請求額の立て替え入金をしてくれるため、開業資金が少なくても参入しやすいでしょう。

みんなの笑顔治療院は、屋号やロゴマークはオーナーが自由に決めることができる訪問マッサージ事業。 加盟金・ロイヤリティ・システム使用料が安く設定されているので、初期投資を抑えられるのが魅力です。

り・ふぁいんは、機能訓練も行う訪問マッサージ事業を展開。 リハビリマッサージを行っているので、介護保険利用者・医療保険利用者のどちらからもニーズが期待できます。 オプションで直接指導もしてもらえるため、開業のノウハウがない方も安心です。

リーフマッサージ治療院は、選択制の開業プランを用意している訪問マッサージ事業です。 フランチャイズに加盟する際は、初期投資を抑えられるプランの場合は30万円台から開業可能。 同じエリアに他の加盟店が進出してくる心配もないため、安定的な事業の継続を目指せるでしょう。

大笑い弁当は、高齢者の安否確認や枕元までのお届けも行っている配食サービスです。 開業時には、OJT研修を3日間行ってくれるため、配食業界が初めての方も安心。開業資金も150万円代のため、小規模事業からスタートさせられます。

まごころ弁当は、自社工場を保有している配食サービスです。 冷蔵食材を主体にしているため、冷凍食材の配食サービスとは差別化が可能。 また、初期費用がかからない0円プランがあるため、開業資金が少ない方でも参入しやすいでしょう。

ライフデリは、ロイヤリティ0円の配食サービス。 本部へ支払う固定費は、月額3万円の会費のみのため、稼いだ分が利益に繋がりやすいでしょう。スーパーバイザーを置かない体制のため、営業は自分で行う必要がありますが、 固定客がついた時には、利益を拡大できるでしょう。

株式会社ソーシャルクリエーションが運営するニコニコキッチンは、 回収型のお弁当箱を使った配食サービスです。使い捨て容器を採用しないことで、ランニングコストを抑制。 また、好き嫌いへの対応や服薬確認まで行っているため、利用者の家族からのニーズも期待できます。

株式会社シルバーライフが運営する配食のふれ愛は、初期費用0円で始められる配食サービス。 お弁当の種類・調理法が豊富なので、他社との差別化を図るのに役立ちます。開業にあたって中古品の活用ができるため、開業資金を抑えることも可能です。

1食当たりのカロリーを500キロカロリー前後に抑え、腹八分目になるようこだわって献立を立てている宅配クック123。塩分に配慮していますが、薄味にならないよう気を付けています。メニューのラインナップも豊富に用意されており、容器にも工夫が詰まっています。フランチャイズのオーナーとしては、ただの弁当配達ではなく社会貢献ができるのが嬉しいところ。手渡しで配達しているため、店舗を必要としないのもポイントです。

メディミールは、配食サービスに加え、スマートバンドによる顧客の安否確認をおこない、栄養状態や食事量の情報共有をしています。メディミールの管理栄養士が、商品開発から調理まで担当。自社のセントラルキッチンで調理した食事の提供をしています。

AT Companyは、発達障がいの特性を踏まえた療育プログラムを実施する、就労移行支援事業です。 特性を踏まえたマッチングにより、就職後の定着率が90%(2021年10月調査時点)を記録。 加盟後も必要な知識や経験を提供してくれるため、安定的な事業展開が図れるでしょう。

d-careerは、事業展説明会に参加した人の97%(2021年10月調査時点)が満足したと答えた、就労移行支援事業。 スタッフの採用から集客まで、幅広くサポートしてくれるので、効率的な運営を目指せます。 また、加盟後に本部がスタッフの教育に役立つ情報を配信してくれるため、業界未経験者でも安心できます。

LOGZ GROUP株式会社は、業界未経験でも始めやすい就労移行支援事業です。 出店地の計画から、スケジュール調整までの手厚いフォローを実施。 また、独自のITカリキュラムを採用しているため、運営を職員に一任することも可能となっています。

就労継続支援B型事業所のONEGAME(ワンゲーム)は、 障がい者にeスポーツ関連の就労スキルを学んでもらう福祉施設。 ハンディキャップが少ない分野に勤められるので、今後の需要拡大が期待できます。

ルーツのフランチャイズは、ITと福祉を掛け合わせているので安定して収益を得ることが可能です。就労移行支援事業を展開しているのも特徴の一つであり、利用者の自立や社会参加を後押しします。また、就労移行支援はブランドイメージを良くする効果もあるでしょう。

MY GOODは、障害者の方に職業訓練や能力開発を提案する就労支援事業所です。加盟店に対するサポートが手厚いのが特徴であり、働く場所や仕事の提供を積極的に行っています。利用を始めるまでに見学や相談に対応しており、働く意欲のある障害者の方と働き手を欲している企業と結びつける役割を果たしています。

ウィズ・ユーは、独自のサポートシステムを採用している放課後等デイサービスです。 利用者の管理がしやすい入退室管理システムや、緊急時に対応できるナースコールセンターを設置。安心して児童の受け入れができます。

Ecoldは、ICTを活用している障がい児通所支援事業です。 軽度の発達障がい・発達遅延を持つ子供に、ロボット療育などを実施。 また、顔認証システムも採用しているので、児童の入所・退所を管理しやすく、スタッフが療育に専念できます。

株式会社カスケード東京が運営する「らいおんリハビリ児童デイサービス」は、発達支援事業・放課後等デイサービスを組み合わせた事業を展開。 未就学児・就学児どちらも受け入れているので、安定的な収益を目指せます。

オゾンセーブ株式会社の運営する「きっずあいらんど」は、児童発達支援・放課後等デイサービスを一体化させた多機能型施設です。独自のデータをもとに、開業地選びから徹底的にサポートしてくれます。研修も豊富なため、スタッフ教育にも力を入れられます。

オークニ商事株式会社の運営する「こぱんはうすさくら」は、児童発達支援・放課後等デイサービスの2つの事業を展開。 加盟金0円のプランが用意されているため、少ない開業資金で事業をスタートさせられます。

株式会社サンフラワーが運営する「ワンステップスマイル」は、5つの分野で児童の力を伸ばす、児童発達支援事業・放課後等デイサービス。 細分化された療育プログラムにより、他社との差別化を図ることが可能です。

シュウエールは、学習塾秀学舎が運営する放課後等デイサービスです。 学習塾で培ってきた技術をもとに、児童の社会生活や学習面で必要な知識養成。 学習塾のブランド力があるため、集客効果が期待できるでしょう。

株式会社オグラコーポレーションのだるまキッズは、重症心身障がい児を受け入れている放課後等デイサービスです。 重症心身障がい児を受け入れている、という独自性で市場での優位性が期待できます。

ブロッサムグループ株式会社が運営する「ブロッサムジュニア」は、 児童発達支援・放課後等デイサービスを行っています。個別療育プログラムと集団療育プログラムを組み合せ、 子どもの不得意な部分を補えるサポートを実施。プログラムに強みがあるので、安定的な収益が期待できます。

エスエフ合同会社が運営するワンステップスマイルは、 児童発達支援・放課後等デイサービスを展開。 既に14店舗(2021年10月調査時点)出店している実績を持っており、今まで開業してきたノウハウをもとにアドバイスをしてくれます。

Ecoldは、ICTを活用している障がい児通所支援事業です。 実りえは、株式会社希成が運営している発達障がい児支援デイサービスです。目先にとらわれず、将来的な自立をゴールに定め、発達障がい児の学習支援に特化したサポートを提供しています。指導員へのマニュアルや研修体制の整備など、オーナー向けの本部運営支援サポートも充実しています。

チャイルドハートは、佐賀県唐津市を拠点に西日本で展開している児通所事業所、児童発達支援・放課後等デイサービスのフランチャイズです。開業・運営サポートでは、申請・届出書類、学習支援ノウハウ、広報活動、請求業務サポート、管理者育成など幅広い範囲を網羅しています。

クオリティ・オブ・ライフは、茨城県水戸市、那珂市、笠間市で放課後等デイサービスを運営しています。FCオーナーに対しては「異業種・未経験でも大歓迎」とし、各種運営サポート体制により強力にバックアップしています。未経験でもスムーズな開業と安定的な運営が可能です。

ドミナント式を採用したフランチャイズが魅力のUNICO。多店舗展開することで高い稼働率を保ち、経営を安定させています。UNICOの支援パッケージは子供だけでなく保護者からも支持を集めており、科学的な根拠に基づいたコーチングを提案。未経験の方でも一から施設運営を始められるよう、支援ツールが充実しています。

ネクストエールは、保育園を基盤として運営しており、スタッフが愛情を持って子供たち1人ひとりと向き合います。フランチャイズのオープンにあたっては、物件の選定や人材の確保など、準備段階からサポート。開業後も、定期的な視察やケース会議の開催など、幅広く、長期間のフォロー体制を敷いています。

「ハッピーキッズスペースみんと」として、学習や音楽などのプログラムを実施して、子供の自立支援を行っています。みんとではさまざまな療育プログラムを用意しており、子供の発達段階に合わせた学習プログラム、情操的で感覚を豊かにする音楽プログラムなどがあります。またバックアップ体制も整っており、開業準備時点から開業後までサポートを受けられます

株式会社ワンライフが運営するchouchouは、療育・教育・保育がセットになった子ども療育園です。 保育園や幼稚園と、児童発達支援施設を掛け持ちする必要がなくなるため、保護者や園児の負担を軽減。加盟後は研修サポートがあるので安心できます。

オークニ商事株式会社が運営するてらぴぁぽけっとは、 1日3タームで園児を入れ替える児童発達支援施設です。 フランチャイズ本部は、児童発達支援・放課後等デイサービスを運営してきた実績を保持。既に蓄積したノウハウをもとに、手厚くサポートしてくれます。

ワントップ老人ホーム紹介パートナーは、老人ホームの紹介を行っている事業。 老人ホームの紹介業はまだあまり存在しないため、市場で優位に立てる可能性があります。 初期投資がが少なくても開業できるプランが用意されているので、副業としても向いています。

ハッピーハートグループは、介護タクシー事業を展開している企業。土日祝に仕事が少ないのが特長で、 人材を確保しやすい業界だといえます。また、フランチャイズ加盟後は、研修からPR活動まで一貫してサポートしてくれるので、安心して任せられます。